【詩】いたのだな

0

『いたのだな』

 

そこにいたのだな
知ってはいたが気づかなかった
見てはいたが気づかなかった
こんなに大きくても気づかなかった

そんなに高くまっすぐ伸びて
何を眺めているのか
誰のために伸びるのか

この大学でのことは全て見てきたのか
私のことも初めから知っているのだな
あなたはここで最も高く伸びた木

まっすぐ天に向かって伸びる姿
知っても知らなくても見守っている姿
私の愛する主のようだな
そこにいたのだな
あなたに気づけて
私は嬉しい
あなたも嬉しいだろう

私が神様の愛に出会った初めの場所
あなたの足元だ

投稿者プロフィール

koki
早稲田理工3年。 大喜利や詩で文学を独学中のアフロ。
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA