「最後までやる人が勝利する」という御言葉を聞いて

最終更新日

Comments: 0

「最後までやる人が勝利する」から悟ったこと

今週の日曜日に牧師先生が伝えてくださった御言葉は、「最後までやる人が勝利する」という主題で、私は涙涙で聞くしかない内容だった。

牧師先生は、途中でどんな波風がたっても、どんな困難があっても、「目的」ただひとつを見て前進あるのみ、最後まで一生懸命走っていこう、と力強く伝えてくださったが、やはり神妙な御言葉、私には少し特別な聞こえ方がした。

それは、「人を愛することも最後までやろう」ということものだった。

最後までやって勝利しよう、とぱっと聞いた時は、「将来の大きな夢や計画、これから何があっても力強く進みつづけよう」という気持ちになったが、少し先まで聞いていると、その前の1週間の間に自分の周りで起こった出来事と絡み合って、またもう一つの貴重な悟りに行きついたのだった。

私の基本的なスタンスは「人を憎まないようにしよう」だ。これだけ聞くとすごく偉そうにみえるが、その人がどんな嫌なことをしていても、また私個人にピンポイントでしてきても、その人にはその人の事情があるし、全部ご存知の神様が将来を見通して何か計画なさっていることがあるだろうから、自分の目ん玉2つでしか状況が見えていない私が軽々しくその人を定義づけ、判断を下すのは自分にとっても相手にとっても良くない、それは偏見や先入観につながってしまうから避けよう。こういう気持ちで「人を憎まないようにしよう」は自分の目標の1つということだ。

でも、この日曜日の御言葉を聞く前、私はそう思いながらも、いろんな人の立場を理解しようとしても、頭では十分わかるけれど、心のキャパをオーバーしてしまってどんよりしてしまう出来事があった。

そういう出来事があっての日曜日だったから、この日の御言葉は私に「敵でも、苦しくても、最後まで相手を愛する人が勝利する人であり、神様の人だ」という悟りを与えてくれた。イエス様も最後まで命を愛した。とうていできない状況でも、最後まで愛だった。

私が御言葉を学んでいる牧師先生も最後まで愛で「決着」をつけられる方だ。私とは実践の量も経験値もケタが違うから、私より苦しい山や谷があったはずだが、牧師先生を見ていて感じるのは、人のことを無限に理解していて、無限に愛していて、無限にふところと心が深いということだ。私もそんな牧師先生に学んでいるんだから、そういう気持ちで人に接したいとこの日は強く思った。

人を愛することは挑戦のしがいがある山

「どんな相手でも愛そう」とついさっき上で決心した割に、「挑戦のしがいがある『山』」とか書いててどうなってるんだ、と自分でもつっこみたくなったが、山に変わりないとは思っている。

人は自分を理解してもらいたくて悪口を言うことがある。悪口とまではいかなくてもグチ(?)やお悩み相談の中でポロッと心がこぼれてしまうことがあると思う。自分にもそんな瞬間が全くないとは言えない。正直。実際に言葉にしてなくても、表情や行動から、他人を責める気持ちが現れている瞬間があると思う。

だからこそ私にとって、愛する、というのは山くらいの課題だ。

でも、山は山でも、「挑戦のしがい」がものすごくある山だ。

神様のように人を愛することは、神様くらい物事を把握し、できる存在にならなければ実際は難しいかもしれない。それでも私は神様に愛をたくさん受けて、これまでたくさん助けられてきたし、牧師先生が築こうとされている愛と平和の世界で、その世界を成す1人の人として実践していきたいと思う。

挑戦できる山があって、わくわくできて感謝。来週も、今月もがんばります。

投稿者プロフィール

さら
さら
東京在住、早稲田卒。
歌うの好き、体動かすの好き、語り合うの好き、料理はふつう…。
摂理に学び摂理に生きる、私のありのままをお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする